スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
春夏秋冬から季節の変わり目と梅雨がなくなんないかな!
2010-06-23 Wed 16:06
どうも。

昏林です。

前回の文学フリマの日記から、気付けば一ヶ月が過ぎようとしていますね。

ちょっとこのまま放置ってのもどうかと思いまして、日記書きます。

あんまりほっとくと広告とか表示されちゃうじゃない、それって何だかアレじゃない。

かと言って、うちはコミケに参加するわけでもないし、文学フリマ以外のイベントに出るということもないので、取り急ぎ連絡することもなくてですね。

あ、サッカーの話でもしましょうか、今、何か話題でしょうサッカー、いや私は知らないんだけどねルールとか全くね。

田中マルクス闘莉王っているじゃないですか、あれをずっと「田中・マルクス・トリオ」だと思ってまして。

「田中とマルクスだったら、『田中・マルクス・コンビ』じゃん。トリオじゃないし、一人足りないし」

って真顔で言ってた自分に乾杯。

いや、でもしゃーないかなって思います。

昔「ラモス瑠偉」を「ラモス類」って誤変換したことがある人間ですから。

何、「ラモス類」って。

「げっ歯類」「両生類」「ラモス類」的な何か?







ごく私事ですが、おかげさまで、無事に退院しました、昏林です(名乗るの二度目!)

ちょっくら全身麻酔で手術もこなしたので、入院中はほぼ寝たきりでしたとさ。

でも、おかげさまで何とかまっすぐ歩けるくらいにはなりましたYO☆(人として当たり前だね!)

けれども、術後とか退院とか関係なく、梅雨とか夏とか季節の変わり目ってすごく体調悪くしちゃうんで、何だかんだで自宅療養中です。

自宅にいても暑くて蒸すからエアコンつけると今度は喉やられるし、もうどうせいっちゅうねん。

十代の頃は夏が一番好きだったのに、今じゃ打って変わって秋が一番過ごしやすいと思ってますからね。

夏が好きとか、ワクワクするとか、そもそも血気盛んじゃなきゃ無理な話ですから。

まぁあれですよ、私の発情期は終わったってことでしょう。



あ、ちなみに入院中に小説書こうとしたら、最近取り締まり(?)が厳しくて、病室にPC持ち込めないんですって奥さん。

結局、ノートパッドに手書き、という超アナログな手段を取ったのも、まぁ良い思い出。

手書きで小説書いたのなんて、中学生の頃以来だから……え……10年?……もうそんなに経ってるの!?己の年の取りっぷりにビックリです。

また、いつもPCでやってると、すっかり漢字が書けなくなってて、失笑するしかありまへんがな。

読めるのに、打てるのに、書けないとはこれ如何に。

日本語って不思議ですね(と、全てを生れ落ちた国の所為にしてみる)

なので、今、こうして退院してPCから文章打ち込める便利さを噛み締めております。

ちなみに、入院中に気張って小説書いたら、どうやら頑張りすぎたらしくて、反動で数日起きれなくなってたりしました。

そこまでして書くなって話ですよね。

本当、体は資本ですよ、ええ。







で、すっかり油断しつつ、療養ついでに小説なんか書いている私ですが、次回文学フリマの申し込みが夏から始まるらしいですね。

次回は、うーん、果たしてどうなることやら、まだ予定は未定ですが、出れたら良いな、と思ってはいます。

出来れば、もう少し小説とか詩とか評論とか増やしたいですね。

対談も、別にあっても良いんですが、ぶっちゃけアレ凄い時間掛かるので、次回は出来るかビミョーなところです。

前回も、かなりエマージェンシーな状態だったので(文学フリマまで12時間切った状態で滑り込みセーフ)、流石に次回にそういう事態に陥るのは勘弁、といった具合ですよ、ええ。

時間がない、を理由にしていたは良いものは創れないので、なるべくそういうことは言いたくないのですが。

いや、もし対談が凄い好き!第二ボタンくれ!って人がいたら、考えますが。

まぁ、予定は未定、です。







殆ど内容が無い日記で、お目汚し致しました。

今後も忘れた頃にポロ、と更新したりすると思います。

まだ「文藝同人誌・遡」は絶賛!?純文大好き活動中ですので、どうか忘れないでいてやって下さい。

引き続き、第10回文学フリマの感想、というか冊子の感想も募集しておりますので、何か思うところがございましたら、このブログのコメント欄でも、HPのメールフォームからでも、御一報いただけたら幸いです。

絶対伝わらないと思いますが、読者の方からご意見頂ける度にPCの前で出来うる限り情熱的な動きで踊ってますから、絶対伝わらないけど!



それでは、皆様夏バテには気をつけて。

最近、酒を飲まないと腹の調子が良いことに気付いた昏林でした(名乗るの三度目!!)







https://twitter.com/C_R_B_Y_S



スポンサーサイト
別窓 | 身辺雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
PS3のやりすぎです。
2010-05-18 Tue 21:37
どうも、気がつけば文学フリマまで一週間を切りましたね。

誰だ本番が近づいたらブログの更新頻度上がるっつった奴は(アタシだよぉ!って、にしおかすみこは今なにしてんでしょうね)







こんにちは、どうも、文藝同人誌・遡です。

文学フリマまで、もう残すところ五日(※厳密には作業日は四日)となりましたね、もう何度でも言います、あと四日です。

なにそれ、計100時間切ってるじゃん、死ぬ死ぬ。







PS3のやりすぎ、なわけないです。正しくは、主宰宅で作業しているのですが、実質的に稼動しているPCが一台しかなく、片方が執筆していたり編集していたりすると、もう片方が冊子用の特殊紙を切ったり折ったりしているわけです。そりゃ、やりもしないPS3のことも書き出すほどに、脳が傷んでいます。



けれども、こういった修羅場を晒すのは、「原稿処理で忙しい俺達って何か文豪みたい☆テヘ♪」な雰囲気に酔っているからではなく、もう、ぶっちゃけ、ぶっちゃけエマージェンシー極まりないこの状態で、気の利いたギャグのひとつもひり出せず、苦し紛れにろくに知りもしない地井武男のモノマネなんぞしながらも、極力妥協することなく手刷りで製本しているという現状を記録しておきたいからで云々!うーぬー!!北斗の拳!ほら、疲れているときに変なギャグ言うからすべったじゃない!ホラ見たことか!



……まぁ落ち着け(誰よりも私がな)



近所の友人に頼み込み、特殊紙を打っている大手文房具店まで車を出して貰いーの、

主宰も主宰で、仕事の合間に編集したり、九時には眠くなる超朝方の癖に深夜まで粘って対談の編集しーの、

私は私で装丁のリテイクに血反吐吐きつつ、自らの原稿進めーの、



つーか、まだ原稿あがってないのか私。

わぁ、現実に血尿が出そうです。

でも大丈夫です。

今日だけで、原稿用紙30枚弱書きましたから。

このペースで行けば、後数時間もすれば原稿は終わるはずです、原稿は。

その後に、製本という地獄のルーチンワークが待っているんですがね。







と、まぁこんな具合で、もうね、正直ぶっちゃけ真っ裸(真っ裸は関係ないだろ)、ギリギリで、ちゃんと新刊あげれるか否か極めて危ない状態ではありますが、何とか精魂尽き果てるまで頑張るつもりです。

個人誌?

ああ、構成員個人誌のこと?

深くは聞かないでくださ……なんてことはないです。

こちらもこちらで、何とか作品は出揃いましたので、製本頑張ります。

もう、頑張るしかないですよねー、ですよねー。







先日、頭が傷み過ぎたのか、「ケイパー」のことを「カウパー」といって、一緒に食事をしていた人に他人のフリをされました。

昏林でした。
別窓 | 身辺雑記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
ツィッターで思いっきり「遡」のこと自己紹介欄に書いてるけど、基本的に文学のことは呟いてない、それが私です。
2010-05-06 Thu 16:13






どうも皆さんコンチクワ。GW明けたら何この夏日。駅前の温度計の記録が30度ってどういうこと。こんなところで春の悪天候の巻き返し図らなくても良いから。



さて、文学フリマまで気付けば3週間を切りましたね、もうどうしようって感じっすよ、気の利いたギャグをほざく暇も余裕も無いもの、ブログ更新担当としてどうよって話ですよね。



そういや、GW、数年ぶりに実家に帰省したのですが、その話でもします、問答無用で。

マジ、ヤバイっすね実家。

センベイだろうが刺身だろうがジャムだろうが、全部きちんと賞味期限切れてるし。

しかもそれらが皆揃いも揃ってお高い食材ばっかりで、腐っても鯛とでも言いたいのか、ちょっと腐っても良い素材だから大丈夫よ!なんて母の力ずくな理論でもって、まー有無を言わさず食卓に並びますよね。

その所為かはわかりませんが、大体腹の調子は悪かったです。

よく、「田舎もんは傷んだ物食べ慣れてるから腹が丈夫で良いよな」なんてクソふざけた台詞を聞きますが、少なくとも私はこのような消化器をサンドバッグにする食生活で胃腸が丈夫になった覚えはありませんので、悪気なく発言しているであろう都会もんの方々は、早急に「未開拓の土地の人間は胃袋がジェラルミン製」っつー無根拠な認識を改めて土下座しろ早く!!ヒーハー!!(ブラマヨ)







すいません。

実家で饐えた物ばっか食わされて、ちょっとナイーブになっていただけです。

ちょっとだけ、溜まってた鬱憤を晴らしたかっただけです。

普段は良い子です。

嘘とか、基本的に吐けません。

こないだ、友人が「好きな人が出来ました」って言ってました。

とりあえず、早いとこ済ませろ(成人的な意味含めその他諸々)って助言するぐらいには、人間出来てます。







そんな、空気読めない私が装丁をしている「文藝同人誌・遡」ですが、ポチポチ仕上げに向けて頑張っております。

皆、出来たら来週中には原稿あげて欲しいなっ!!何か、個人的にメールしたり電話したりして催促するには、少しばかりケツの穴が小さくて萎縮してしまう私なので、大人気ない感じで、このブログにて公開ネチネチ催促を実行させていただきます。

前回はまさかの前日あげというギリギリチョップ(でもB’zは特に知らない)なことが可能でしたが、今回は皆が皆仕事で忙しいので、ちょっとばかし余裕を持ってあげて貰わないと洒落になんねえからマジで、というわけなんです。

次回は、表紙のデザインも今までの既刊3号とは一風変わった物にしようと思っています。あ、でも別に冊子のサイズとかは変わったりしないので大丈夫だYO☆(何に向けて言ってるんだよ)

でもって、構成員個人誌の制作も只今佳境に入っておりまして、後数作あがったら、添削なり記憶の片隅に埋葬したりして掲載量を調節し、まぁ……なんかこう……上手いことチョメチョメしようと思ってます。

進行状況は、また折を見てブログで御報告いたしますので。







それでは、今日はこの辺で。

最近の悩みは約十年ぶりに出来た魚の目です、液体窒素とか本当に嫌です、な昏林でした。
別窓 | 身辺雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
久しぶりの更新です、どーも、ドジョウ食べたい。
2010-03-31 Wed 14:57








長い空白の次の発言が、いきなり人間の三大欲求の内のひとつを叫んじゃって申し訳ない、お久しぶりです、遡です。もっと具体的に言うと、WEB担当、昏林です。他の構成員だったら、こんな適当な発言しないです、信じてください。あばば。



前回更新したときは、まだまだ冬って感じでしたが、もう桜も咲き出して、すっかり春めいてきましたね。

画像はそこら辺に咲いてた水仙です。八重咲きとか色々有りますが、こういうシンプルな咲き方が一番いいですね、最終的には好みの問題だけどね!!





いやいや、そんなこと言いたいわけじゃないっすよ。





文学フリマ、今回も抽選無しになったそうで、「文藝同人誌・遡」は次回も参加致しますよっ!

あくまで予定は未定だけどね!もしかしたら当日になって

「我々の純文学は死にました」

とかよく解らない立て看板を突っ立てて、いないかもしれないけどね!!

まぁ、こんな風に面白おかしく適当に書いてたりしますが、自分達の納得出来る良質の文芸作品があがらなかったら、当日になって不参加です、的な事態は起こりうるわけで……云々かんぬんウダウダ。

勿論、そんな散々な事にならないように頑張りますよ。

既に参加費も振り込み、現時点では、次回文学フリマにおいて最高の作品を生み出すべく、期日まで構成員共々精進していくつもりです。

み、みみみんな、がんばろうね?にぇ?(ウザイ意思確認をするなよ)





表紙原案に関しても、代表の伊田からボツボツとアイデアがあがって来ていますし(これがまた抽象的な上に、暗黒舞踏みたいに難解……いつものことだけどね)、私も装丁に向けてエンジン掛けねば!と、いったところです。





また、次回は構成員の個人短編集も発行予定です。

こちらも、まだ現段階ではまだ原稿があがりきっているわけでもなく、予定に過ぎないのですが。

多分、うまくいけば恒例の「遡・新刊」に加え、もう一冊刊行出来ることと思われます。

相変わらず一冊一冊、オフセットに頼らず手作りですが、こちらの短編集の装丁・デザインも、「遡」の冊子に匹敵するぐらい凝ったものとなる予定ですので(さっきから「予定」って言い過ぎ)、乞う御期待っす!





ちなみに、文学フリマのスペースは

「文藝同人誌・遡」ではなく、

「遡」、の一文字だけで登録しておりますので、お越し下さる際はお間違えの無いよう、よろしくお願いします。





ではでは、またボチボチ更新の頻度が上がっていくと思われますので、気が向いた時にでも当ブログを覗いて見て下さいね。

何がしか新しいことが有りましたら、随時更新して行きますので。



昏林でした。

別窓 | 身辺雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
文学フリマ、申し込みが締め切られましたね。
2010-02-25 Thu 10:05






画像は近所の公園の池でのワンシーンです。

のどかな光景と見せかけて、明らかに鯉の方が鴨よりでかくて、心の中で「鴨!逃げて!ここは私に任せて!(何を任せろと)」って叫びたくなりました。

だって、あのでかい鯉達さぁ、水面に油膜って張ってるじゃない?あの虹色にテッラテラ光るやつ。

あれを口ぱくぱくさせてグビグビ飲み込んでるんだもの。

あんな画像見たら、「おまっ高木ブーかよっ」ってなりますよね。

あ、何で高木ブーかって言うと、昔、高木ブーが生卵を連続で何個も飲んだら、身体がドクドクして死ぬかと思ったブーって言ってたからなんだけどね。(本当は語尾にブーなんてつけてない)

つまり、その、なんだ。

油膜なんて高カロリーそうなもんをガブ飲みしている鯉は、私から見れば生卵飲み過ぎて死に掛けた高木ブーみたいなものでして。

藻だの麩だのを啄ばんでいる鴨が、そんなコレステロール魔人に敵うわけねえって話でして……



うん!だめ!何言ってるか自分でも全然わっかんね!

久々に更新するとこれだから駄目ねー。







そういえば、そろそろまた文学フリマの時期ですね。

いや、開催まではまだ日がありますが、もう申し込みは締め切られたみたいですね。

当選結果っていつ頃来るんだっけなぁ、もう今回で4回目の参加になるというのに、そういう時期に関しては未だに記憶がアイマイミーです、やんなっちゃうね☆(テンションで煙に巻こうとすんなよ)



今回も、何だかんだで締め切りギリギリまで「出るの?どーなの?どーすんのよ俺!オーレー!オレオレオレー♪ラモスってお茶漬けばっか食ってるから最近見掛けなくなったの?」みたいな悩み方をしましたが(「」内の台詞は、貴方がウンザリした辺りから捏造です)、申し込んで参りました!



これで、抽選漏れしなければ、きっと春にはまた皆様に御会いできるかと……。

最近では知名度も上がり、参加人数も随分と増えてきているようですし、今後コミケ等と同じように、阿呆みたいな倍率になって弱小サークルは土下座しながら泣き寝入り!のようなことにならないことを祈ります。



もし、出ることが決まった暁には、すぐにこのブログとHPの方で報告させていただきます。

次回も、気張って良質なものを提供出来るように、精進しますよー。







と、ね。

こんな感じです。

一ヶ月以上ブログ更新しないと、うっかりすると広告が表示されちゃうので、更新してみました感が満載な文章で申し訳ありません。

高木ブーもラモスも関係ないよね、そうだよね、そういえば「ラモス」なんて単語ここ数年で久方ぶりに見たわ。



ではでは、次回文学フリマ、無事に当選することを祈って。







昏林でした。
別窓 | 身辺雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 文藝同人誌・遡 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。