スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
HP、いじりました。
2010-01-28 Thu 21:45






突然ですが実家から送られてきた本です。

母が「私がお父さんにお弁当作るとどうしても1000円以内にならないから、もう弁当作るの止めたの」と言っていたので、その残骸ですね。

折り紙の本は……リハビリか何かでしょうか。

とりあえず、幼少時代を思い出して色々と折ってみたら、意外と面白かったです。

折り紙って図形で折り方表示されても全く意味がわかりませんが、それでもあるフッとした瞬間にスパーン!と折れると、脳内アドレナリンが出まくりです。

そういえば、昔、深夜にヨウツベで一枚の紙から薔薇を折る動画を発見して、何が何でも折りたくなって、深夜二時過ぎまでずーーーーっと悪戦苦闘を続けた挙句、ようやく折り上げたときのことを思い出します。

今思えば、お脳が傷んでいたとしか言いようが無い執念でした。

その時、隣にいた彼氏は、日付が変わる前には呆れて眠っていました。

今となっては良い思い出です。







いやぁ、またどうでも良い日常ネタから始まりました。

どうも、文学フリマ以外は殆ど動きが無い、文藝同人誌・遡です。

他の文藝サークルの方々は、地方のイベントやコミティアなんぞにも率先的に参加なさっているようで、噂を耳にする度に土下座したくなるぐらいの気持ちに駆られるのですが、うちはホラ、定期的に一定の品質を保って刊行することが目標ですから(いつの間にそんなこと決めたんだよ)





HPの方を、ちょっと弄らせていただきました。

トップ画像が変わっているので、一見すると「お前、思いっきり変わってるじゃん!」と言われそうですが、内容的にはそこまで変化はしておりません。

未だにCSSの弄り方を理解していないので、HTMLをぶちぶち打ち込んでますが、そのうちドンドン素敵なHPになっていくのではないでしょうかなぞなもし(~ぞなもし、の使い方を著しく間違った例)





今回は、「通販」に関するページを追加しました。

とはいっても、冊数入力して一発OK!なフォームがあるわけではなく、取引方法と取り扱い可能な既刊を記した程度の、とても簡素&原始的なものとなっております。



一応、在庫状況などはここで確認できるようにしておきますので、気になる方は一度ご覧になってください。



あと、一部の方から「メールフォームから送信できない」との意見を頂いたので確認したのですが、うちのPCだと問題なく送受信は出来るようで、メールサーバー関係の何らかの違いか、その他の支障があるのかと思われますが、未だに原因は特定できずにいます。

なので、通販や質問の際、万が一トップページにあるメールフォームから送信できなかった場合は、「メールフォーム使えねぇじゃねえかよボケナス!那須ピチュ!!(まだ前回の日記引きずってる)」と憤る前に、通販ページに表記してあるアドレスへ御一報下さい。

その場合は、お客様にアドレスを入力して頂くという御手数をお掛けしますが、ご了承下さいませ。





文藝同人誌・遡のweb関連のご報告はそんな感じです。

今後とも、大きな変化があったら、このブログにてお知らせしますね。





そういえば、次の文学フリマは5月23日とか。



次回は、文藝同人誌・遡の最新号の発行に加え、構成員の短編集を発行予定です。

抽選漏れしなければ、の話ですが。

ついに在庫が5種類になるんでしょうか。

それは、まぁ、構成員の根性次第ということですね。



それでは。

今日はこの辺で。



昏林でした。



スポンサーサイト
別窓 | 身辺雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
十人十色って感じでした。ああ、アルパカの話です。
2010-01-08 Fri 15:28






あけましておめあるぱかございます。



今年は日取りが悪いようで、一月の4日から学校や仕事始め、という方も沢山いらっしゃるようですね。

無職の私には、まぁ、関係無いことなんですが……。

いや、ほんとに「あ~、明日も仕事かぁ、だりぃなぁ」とか言ってみたい!

職場の人間関係で悩んで、安いチェーン店の居酒屋で「若輩者だって言われたらさぁ、そりゃこっちが頭下げるしかないわけで」とか、クダ巻いてみたぁい!!

しゃーないんですけどね、無職もあれだ、社会が悪い社会が(ドーン)

新年のっけから、鬱々とした雄たけび上げて申し訳ありませんでした。

北海道には「ヤリキレナイ川」って川があるそうですよ、やりきれないですよね。

どうですか?豆知識を披露することで、ちょっとした巻き返し(何のだよ)を図ろうとしたんですけど、どうですか?小賢しくて相手してられませんか、そうですか。

ヤリキレナイですねー。







兎に角、新年です。

もうとーーーーっくの昔に三が日も過ぎ、気付けば餅と見紛うばかりにグウタラ肥りした下っ腹を摘まんでー戻してーして遊んでいる方も多いのではないのでしょうか。

それとも、最近の若い文学者方はご自分の体型にも気を配っておられるのでしょうから、そんな阿呆なことはしない!とか?

残念ながら、私は下っ腹を揉んで「そろそろ霜降りやな」と自嘲気味にほくそ笑んでおります。

前置き長くなりましたが、あけましておめでとうございます。



気付けば、文藝同人誌『遡』も、2008年に結成して、これからはもう3年目ですね、正確には、丸2年半くらいになりましょうか?

年に二回、それも文学フリマに参加決定しない限りは冊子も出さないもんだから、まだ三冊しか発行できていませんが、今年は二冊出せると良いですねえ(他人事のように言うなよ)



文藝同人誌『遡』、赤号~青号~紫号~、とやってきましたが、さて、次回は何色になることやら……。

主宰伊田の寝言から察するには、橙か黄緑になるかと思われます、もしくはデザインを一新して、地の色を変えて、黒で一色刷りをするとか。

文藝同人誌ですから、デザインなんざ二の次三の次、と言われたらそれまでなのですが、味も素っ気も無いコピー本よりは、やっぱり拘りが見える冊子の方が云々……と今から次回冊子に対し、試行錯誤をしております。

勿論内容も、充実させていきますよ!

いい加減誤脱も失くすようにします!

いつも頑張ってるんだけどさ!

なんか、見落としちゃうんだもの!

みつを!

関係ない!



何はともあれ、どうぞ、よろしくお願いします!!







そんなこんなで、相変わらず無秩序なブログで本当に申し訳ありません。

トップの画像は、モンゴルの山奥で遭遇した野性の羊……ではなく、栃木のアルパカ牧場での一枚です。

年末に学生時代の仲間達に紛れるようにして、那須高原に旅行に行ったんですよね。

ミラバケッソのCMで、皆浮かれておりましたが、実際にはこんなもんですよ、あんなにフワフワなわけないじゃん、趣味「泥浴び」の家畜が、真っ白なわけないじゃん、わかってたよ、わかってたけどさぁ。

しかも、武器が「唾液」なんですよね。

プロレスラーの武藤ですよ、小さな霧が発生するほどに、激しい勢いで唾を吐くんだもの。

しかも刺激臭だし、臭いって、動物を愛でる際にはかなり減点ですよね。

何よりげんなりしたのは、アルパカ牧場の看板に書かれていた説明文。





「この場所は、アルパカが本来生息しているマチュピチュに環境が似ているため、



『那須ピチュ』



と呼ばれています」





だ……だぢゃれ!!この期に及んで、洒落かよ!!



何だか心がホッコリするような、木枯らしが吹き荒れたような、奇妙な感覚に陥りました。

お土産にぬいぐるみを買おうとしたら、一個8000円でした。

物理的に財布が寒くなる値段だったので、買えませんでした。







さて、今日の「マチュピチュって何だかエロイ響きだね」は如何でしたでしょうか。

如何も何も、あったもんじゃないですよね、本当にすみません。

でも、意外と楽しかったですよ、牧場。

この日記、半分辺りから、全然文藝同人関係なくなってますが、ここまで読んでしまった人、どうもありがとうございます。

その調子で、今年もどうか見守って下さると嬉しいです。

春の文学フリマは、抽選漏れしないと良いのですが。





それでは、皆様、風邪にはお気をつけて。
別窓 | 身辺雑記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| 文藝同人誌・遡 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。