スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
第11回文学フリマのお礼と、購入物目録!
2010-12-06 Mon 17:30






文学フリマ、お疲れ様でした。



どーも、昏林です。



もう少し早く日記を上げようと思ったのですが、ちょっと力尽きておりまして……。



何とかかんとか、今よーやく日記UPです。



つっても、個人的に購入したモノと、ざっと売り上げについて語る感じですが。



お暇な方はどーぞ。







 



























※画像はお買い上げ頂いた方に渡したチラシポストカード入り封筒と、新刊エッセイの表紙です。



さて。



今回、初の個人参加となりましたが、文藝同人誌・遡の読者様にも来訪いただき、本当にありがとうございます&、遡の新刊が出せなくて、ほんなごづ(方言)スイマセンでした!!



次回の文学フリマに受かった際は、何とかして遡の新刊を出す予定なので、遡を楽しみにして下さった方、そちらに乞うご期待!

※そして構成員の人達、忙しいだろうけど、本当に頑張って……!何かこう捻出して……っ!



私自身が何らかの形で販売側として文学フリマに関わったのでは、7~8回?くらい目でした。

けれども、いつも他のメンバー達とやってきたので、初めて独り参加にビクビクでした。



当日のラインナップは、新刊エッセイ1種類と、掌編ポストカード9種類、既刊短編集1冊、遡の在庫数冊、を、余るのを考慮してごく少量ずつ持っていったのですが、想いの外買ってくださった方がいて、本当に良かったです。



お釣りも沢山準備しておいたのですが、ほとんどの方がお釣り無しの状態でキッチリお支払いをしてくれたので、小銭が全然なくなりませんでした。



売れ行きに関しては、ポストカード全セットが見本品を残して全てお買い上げ頂きました。

ポストカードの名を語っておきながら、表にはイラスト、裏には掌編小説、という郵便に出せない代物にも関わらず、バラ売りでの購入もそれなりに多かったので、次回参加の時はもう少し刷っておこうかと思います。



あと、何故か既刊の短編集『エラガバルスサルガナバルスヘリオガバルス』が、それなりの人気でハケたのが、嬉しいながら疑問でした。

特に宣伝をした、というわけでもないのですが、はてさて……。

あ、あとこの短編集に関しては質問が寄せられましたので、解説を「続きを読む」に書いておきますね。



で、新刊のエッセイですが。

まあ、小説でもなければ、心惹かれるルポや人体実験的な内容ではないので、とてもターゲット層は少ないのでしょうね。

売り上げは、まずまず、といったところでした。

やはり需要が少ないのでしょうね。

次回も、今回の反省をいかして、エッセイは発行するつもりですが(懲りてないんかい)。



そして、エッセイと短編集を購入頂いた方には、誤字があったことを本気で謝ります。

エッセイは句読点や、読みは同じで漢字の間違い、といった誤字があり。

短編集は、そのまんま「なんやねんwwこれwww」な誤字が複数個所ありました……。

何でこう、誤字ってのは無くならないのか。

全て手製本で、あまり多く刷れないので、残念ながら修正版の発行予定はありません。

もし、誤字や脱字に耐え切れない!という方は返品いただくか、廃棄なさってください。

相談にも応じますので、その際は御気軽にメールをばお願いします。











今回は個人参加だったのですが、知人友人の手を借りつつ、何とか他のブースもザッと回りました。

以下、購入物の一覧です。





『練馬言葉力研究所』



【だめなひととねこ】

【僕の本の作り方】

【想像上の嫁と育てたい想像上の娘との思い出集】



この人の本を買うために文学フリマに来ると言っても過言じゃないほどに好き。

ちなみに、居酒屋で知人に薦めたら首を傾げられましたが、私は負けない、マジ布教する。



【ケバブがらみの写真集 ザ・ケバブ】をオマケに頂きました!いえっふぅ!







『兎角毒苺團』



【エトワール エ ジェム】



タイトルのフランス語が変換で出せない自分切腹!

新刊が凄く凝っていて気になったのですが、購入するには勇気が足りなかった私をお許し下さい・・・…

次回は電子書籍をお出しになるとか、そちらも期待してます。







『幻魚水想記の会』



【鯉神】

【食うことと 愛すること】

【ビルの純愛】

【1968年――省二の青春 むざんやな】

【おばあちゃんの私服】



著者の野田吉一様は70歳。

冊子の価格設定は薄かろうが厚かろうが5円均一。

ある意味パンク魂しか感じない。

パラっと読んだ感じでは、今回購入したモノの中で、最も期待値が高い作品のひとつです。







『Not the commuter Express』



【Not the commuter Express Vol.0】



昔お世話になった文藝サークルの先輩が発行した冊子。

買いに行こうと思ったらば、頂いてしまいました、面目ないです……。







『新波小説団』



【新波小説団】



ブースで留守番してて動けなくなっていたら、親切な方が出前してくれたので、無事購入することが出来ました!

親切な方、ありがとうございます!いつか御恩をお返しします!





『竹薮の会』



【竹薮】



立ち読みして衝動買いしました。

今回、文庫サイズの自費出版本が多く見受けられましたが、一番パッと見面白そうだったので。

個人的には、一番最初の作品タイトルにグっときました。







『HOWS戦後文学ゼミ』



【悪い詩集】

【詩的唯物論真髄】



個人的に凄く好きな詩人・安里ミゲル様の詩集。

文学フリマでしか見かけなくて、自由時間になると必ず探しに行きます。

今回も2冊ゲットできました!良かった!







『文藝ajo』



【文藝ajo 2010 autumn.】



以前所属していた文藝サークルの、新刊。

こちらも自由時間に買いに行こうかと思いましたが、後輩達が届けに来てくれました。

何だこのVIP待遇……もう運使い果たしたんじゃない……私……







『オカザキ文学事務所』



【楽天屋】

【7:14】

【文芸家の算法】



これまた個人的に大好きな作家、岡崎祥久様の本を購入してきました。

とくに楽天屋はアマゾンでも在庫が無くて涙目だったので、本気で小躍りですね!

同人誌も購入できて、ブースに戻ってからソッコーで読んでました(接客はどうした)









ザッと、こんな感じでしょうか



まだ読み終わってないのですが、とりあえず一覧にしました。

もうね、売り上げ金のほとんど使い果たしたっつーか、むしろマイナスっつーか。

でも後悔はしてませんよ!

これから読むのが楽しみです。







ではでは。

今日はこの辺で。

次回も、なるべく参加したいと思ってます文学フリマ。

抽選になってしまうと、どうなるかはわからないのですが……。







それではまた!







http://twitter.com/C_R_B_Y_S











『文学フリマ感想トラックバック』

http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20101205







※個人短編集についての、読まなくても問題ない説明は『続きを読む』で。






さて。

ちょっと個人短編集『エラガバルスサルダナバルスヘリオガバルス』について少し。



タイトルに関して「どんな意味?」という質問が相次いだのですが、特に内容にエラガバルス帝が登場する、といった内容ではないのです。



今更説明かよ!といわれるかもしれないですが、私、エラガバルス帝については深い知識はありません。

では、何故にこの説明文をつけたのかといいますと、エラガバルス帝が

「様々な呼び名を持つ、享楽者の象徴とされる存在」

という点に目をつけまして、この短編集が、自身の好きな短篇を好き放題に詰め込んだということと、中身が短篇ごとに一冊の本としてバラけていて、購入者様の好みの順番(もしくは、好みの作品だけ残して他のものは捨てる等)で中身を組み替えられるということから、購入者様の其々の趣味によって、様々な形態で楽しめる本になるように、名付けたものです。



エラガバルス帝について、何らかの直接的な期待をなさった方は、本当に申し訳御座いません。



私の本は、どんな短篇でもタイトルが隠喩・暗喩的なモノが多いので、タイトル通りではないよ、というわけです。



今度、本ごとのポップにきちんと内容説明も書き入れておきます。



以上。反省でした。







※あと、今回予想よりもハケてしまったので、チラシが間に合わず、結果的に封筒のみを渡してしまった方、本当にスイマセンでした!

次回は、もっとちゃんとします!色んなことを!







それでは失礼します!!




スポンサーサイト
別窓 | 外部活動 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<半年くらい放置してたんじゃないかっつーね。※文学フリマ告知です。 | 文藝同人誌・遡 | 第11回文学フリマのお知らせ>>
この記事のコメント:
No title
毎度ご贔屓にありがとうございます。
ここが僕の詩集を褒めてくれる世界唯一のブログですかな。
本のクオリティは自分でも解っているので、首傾げた知人さんを責めてはいけないと思う。
じゃまた次回あたり。
2010-12-10 Fri 00:50 | URL | 阿部 敏彦 #79D/WHSg[ 内容変更]
No title
お買い上げ戴いていたんですね。
ありがとうございました。
以前、ポストカードをお見かけして一枚頂戴した時から、「次の文フリでも絵を見たいなぁ」と思っていたので、嬉しかったです。うちの新刊(表紙が紙じゃないアレ)は売り物じゃないのですが、欲しいと言って下さってとても嬉しいです。
2010-12-10 Fri 01:45 | URL | 伊織@兎角毒苺團 #79D/WHSg[ 内容変更]
No title
ご購入ありがとうございます!
そちらの本は申し訳ないのですが買ってなかったので、次回、ぜひともご挨拶に伺わせていただきます!
2010-12-11 Sat 16:15 | URL | 新波小説団 緑黒飛蝗 #79D/WHSg[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 文藝同人誌・遡 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。