スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ドイツとその周辺の本の話 5
2012-03-31 Sat 14:33
ラーメン屋や美容室や歯科医院の待合室に漫画や雑誌があるように、ハンブルク市内を走る市バスの車両のひとつには、車内に小さな本棚のあるものがある。たいていは、聞いたこともない作家の聞いたこともないタイトルの、古くなったペーパーバックで、特にきちんと管理されているようではなく、「読みたければ持って行ってもいいよ?」そんな雰囲気だ。バスに乗っていると、大きな買い物かごを提げたおばあさんとその孫や、自分の周りにはとにかく退屈なものしか転がっていないんだという顔をしたトルコ系の若い女の子がぺらぺらとページを捲っているのを、たまに見かける。

あるとき、電車の車内に本を置き忘れてしまったことがある。ポール・オースター「ムーン・パレス」の新潮文庫のもので、日本から持ってきて後生大事になんども読み返していた。僕はひどく疲れていたからつい電車でうとうととしてしまって、はっとすると降りる駅だった。本を隣の席に置き忘れたのに気付いたのは、電車から飛び降りて、背中でドアがしゅーと音を立てて閉まってからだ。ああ! と思ってからはもう遅くて、ゴロゴロと電車は行ってしまった。それっきりその本の行方は知らない。駅の事務所に行って説明すれば、どうにでもなったのだろうが、そうすることはどうしてかためらわれた。

そういうわけで、僕は忘れられた本のそのあとのことをしきりに想像してみる。たぶんあのあと本は車両の掃除夫に見つかって、あっさり処分されてしまったかもしれない。あるいは、もしかしたら、めぐりめぐってあのハンブルクのバスの本棚に行きついているかもしれない。そしていつか、ハンブルク大学で日本語学科を専攻する大学生がその本に気付くかもしれない。そういう、せめての救いのある想像をしている。
スポンサーサイト
別窓 | 執筆者:関圭介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドイツとその周辺の本の話 6 | 文藝同人誌・遡 | ドイツとその周辺の本の話 4>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 文藝同人誌・遡 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。